引越しトラック 道幅

引越しトラックの大きさと道幅

引越し トラック 道幅

 

引越しの時に使うトラックには様々な大きさがあります。
当然小さいトラックの方がコストが安くなりますが、荷物が入り切らなければ意味がありません。

 

荷物の量によってトラックの大きさが決まりますが、それだけではないのです。
トラックを停車できる場所も大事な要素で、物件の前面道路の幅によっては使えないトラックがあるのでご注意ください。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには全面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックには全面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには全面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには全面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、全面道路4m以上が必要

 

大きなトラックを停めるにはそれなりに広い道路が必要です。
日本の土地は狭いので、細い路地に建っている家も多いです。

 

引越しの荷物が多くても、物件に面する道路の幅が狭い時は大きなトラックを使用することができません。
その場合は少し離れた場所にトラックを停車させて作業するか、小さなトラックを何台か用意することになります。